バーコードの代表的な6種類

バーコードは、太さの異なる黒いバーやスペースを、組み合わせてデータが構成され、レジで読み取り装置を当てるだけで、商品名や金額がレジに入力されるのです。



バーコードは、世界で100種類以上あると言われていますが、その中でも代表的な6種類があります。



その中でJANは、一般的に生活用品に使われていますが、商工会議所に申請して取得する流通用の商品コード用になっていて、8行または13行の固定になっています。CODE39は、表示できる文字は数字、アルファベット、記号で行数は読み取り範囲に合わせて変更でき、米国国防省として採用されたコードで、自動車業界や工業用として最も広く使われています。



CODE128は、フルアスキーの128文字を表現でき、1つのキャラクタが任意の場所で3種のデータが表せるのが特長になります。



NW7は、4本のバーと3本のスペースでキャラクタを構成していますが、非常に古くから使われていて、宅配便の集配管理や図書館の貸し出し管理などで利用されています。



ITFは、主に段ボールに印刷されている標準物流コードとして利用されていて、ITF14はJANコード番号前に、物流識別コードを1行加え、全体を14行にしたものが標準バージョンとなっています。


QRは2次元バーコードとして代表的ですが、高速読み取りができるように開発され、日本で広く普及していて、カメラ付き携帯電話のほとんどが、QRコードの読み取りに対応しています。



関連リンク

バーコードの代表的な6種類

バーコードは、太さの異なる黒いバーやスペースを、組み合わせてデータが構成され、レジで読み取り装置を当てるだけで、商品名や金額がレジに入力されるのです。バーコードは、世界で100種類以上あると言われていますが、その中でも代表的な6種類があります。...

more

値段のラベル表示とバーコード

昔の値段表示といえば金額がシールにかいてあり、それを商品に貼ったものです。最近もう数十年前ですがバーコードに移り変わりレジを通過するのがはやいこと、はやいこと。...

more