値段のラベル表示とバーコード

昔の値段表示といえば金額がシールにかいてあり、それを商品に貼ったものです。

最近もう数十年前ですがバーコードに移り変わりレジを通過するのがはやいこと、はやいこと。
確かに導入した当時は設備投資にお金がかかったかもしれません。



しかしスピード、人件費などを考慮するととてつもなくメリットがあります。



いまでは自分でできるセルフもありだれでもレジができるシステムになっています。



箱や包装紙に直接バーコードが書いてあり一石二鳥の面もあります。

また情報量もこのバーコードに入っており、あらゆる面で時代の進化が見られます。

バーコードに移った時期、本当にこれで値段がわかるのか不安もあったり、印刷の精度が悪かったりしたりした時もありましたが、時代とともにその不安も解消されて、いまではこのバーコードを見ない日はないくらい必ず商品にはついています。

たまにレジの店員さんが読めずに苦労している姿をみますが、下の番号を手打ちすれば済むので問題ありません。
在庫管理や月末、期末の棚卸しなど、こののおかげでだいぶ楽になったのではないでしょうか。

そしてQRコードがそのあとでてきて情報量が前より増え、進歩してきました。

今後はもっともっと情報量が増えていきます。



もしかしたらQRコードをこえるものが次世代にでてくるかもしれません。
容量、使用材料、生産者などコードひとつだけで済んでしまうそんな時代がくるかもしれません。



近いうちになるでしょう。



関連リンク

値段のラベル表示とバーコード

昔の値段表示といえば金額がシールにかいてあり、それを商品に貼ったものです。最近もう数十年前ですがバーコードに移り変わりレジを通過するのがはやいこと、はやいこと。...

more

バーコードから二次元コードへの移行

商品管理の分野で、バーコードは非常に役に立っています。多くの物品のパッケージやラベルにはコードが印刷され、情報を読み取ることができるようになっています。...

more