バーコードから二次元コードへの移行

商品管理の分野で、バーコードは非常に役に立っています。



多くの物品のパッケージやラベルにはコードが印刷され、情報を読み取ることができるようになっています。
しかし、従来の白黒の帯によるコードの表現方法では、記録することができるデータ量や読み取り精度に限界はありました。この点を克服するため、二次元コードの利用が進んでいます。



二次元コードでは、記録することができるデータ量が増え、より細かい情報をパッケージやラベルに記載することができます。



二次元化に伴いバーコードよりも読み取りのための処理は複雑になったものの、現代の極小で高度な情報処理のための半導体チップがあれば、瞬時に内容を読み取り情報処理することが可能です。

こうした利点から、次第に二次元コードが多くの物品管理で見る機会が増えてきました。
また、スマートフォンからカメラで読み取り可能なアプリも登場しています。

商品メーカーでは、二次元コードとスマートフォンアプリの関係にチャンスを見い出し、商品販売や情報提供の促進に役立てています。



商品に関する詳しいアピールポイントや、二次元コードを用いてのサービスなどを、二次元コードを通じて提供することができます。
バーコードから二次元コードへの移行により、コードの利用価値はさらに広がります。



これまでコードの存在についてあまり意識していなかった消費者も、これからは製造メーカーとのコミュニケーションのきっかけとして、コードを読み取る機会が多くなります。



関連リンク

バーコードの仕組みとは

商品や値札に印刷されている黒い縦棒が何本か並んだもので、スーパーやコンビニエンスストア等のレジで読み込ませると即座に金額が表示されるシステム、それがバーコードです。在庫や売上管理等に活用されており、物販はもとより流通等今や様々な業界においてなくてはならないものとなりました。...

more

値段のラベル表示とバーコード

昔の値段表示といえば金額がシールにかいてあり、それを商品に貼ったものです。最近もう数十年前ですがバーコードに移り変わりレジを通過するのがはやいこと、はやいこと。...

more