ゲーム用のサーバーを作る

main-img

サーバーと言えばWebで使われていたり、計算で使われていたりと用途はさまざまですが、ホビー用途で増えているのが各種ゲーム用です。
ゲームは単独で遊んだり、メーカーが用意するサーバーにアクセスして遊びますが、自前のPCをサーバーにして人を集めてマルチプレーをすることもできます。
人によっては専用サーバーを構築して24時間運営する方も多くなっています。
特に利用されているのがマインクラフトです。マインクラフトはLinuxでもWindowsでもマルチプレーが可能となっています。そこでマインクラフト用に作る場合は2つの注意点があります。1つめはCPUです。

マインクラフトはシングルスレッドのゲームなのでマルチコアが売りのCPUではあまり高い効果が出ないケースがあります。

ドメイン取得の専門知識を身につけましょう。

そこで周波数が高いCPUを選ぶことが大事です。ただし、1つの機体で、マインクラフトの他にWebサーバを建てる場合はコア数があった方が快適です。

BIGLOBEニュースのことならこちらをご活用ください。

2つめはメモリです。
複数人を集めることになりますのでメモリはある程度多めに必要です。ゲームだけであれば2GBもあれば十分な場合が多いですが、MODを多く積んだり、呼ぶ人数が多い場合は4GB以上あった方が安心です。



また、連絡用の掲示板なども動かす場合はさらに多めに積んでおきたいところです。
PCを転用する場合、CPUがネックとなりやすくなります。

廉価版の機種も販売されているのでPCではなくサーバーを選んでおきたいところです。

科学についての考察

subpage01

サーバーは複数台用意することでできることが一気に増えます。例えば3DCGのためにレンダリングファームを作ったり、各種計算をさせるための計算ファームなどです。...

more

身になる知識

subpage02

サーバーも個人で自作できる時代です。パソコンについてはほぼすべての部品が販売されていますのでパーツを集めて作れるのですが、サーバーについても同様の環境が整ってきています。...

more

科学コラム

subpage03

いわゆるサーバースペックのCPUはさほど多くなくなっており、クライアント用のCPUであるi7やi5をベースにしてXEONなどが採用されることが多くなっています。XEONとiシリーズの一番の違いはコア数であり、さらにキャッシュ容量もまったく違ってきています。...

more

知識を増やす

subpage04

マックのサーバー版はあまり利用されなくなってきていますが、利用がまだまだ多いのがディスクレス化と仮想環境での利用です。マックのサーバー版はアップストアから手軽にインストールできますが、ほとんどの機能が他のOSでもできることからコスト面を考えてLinuxなどのOSがサーバーとして採用されることが多いのですが、マックをディスクレスで起動できるNetbootだけはMacでしかできないことからまだまだ採用事例が増えています。...

more